実務者研修とは?

介護資格の一覧
  • 認定介護福祉士

    質の高い介護サービスの提供力、医療連携能力等をもつ介護福祉士

  • 介護福祉士

    介護・福祉分野の国家資格

  • 実務者研修

    介護に必要な基礎知識や技術を修得できる、介護の入門資格

  • 介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級相当)

介護福祉士になるために、基礎的な知識や技術を学ぶ必須研修研修です。

「実務者研修」は、介護実務の経験や資格の有無に関わらずどなたでも受講できます。厚生労働省は、現場で働かれている方のキャリアパスを「初任者研修」→「実務者研修」→「介護福祉士」→「認定介護福祉士」と示しており、平成29年1月から、介護福祉士の受験資格が「実務経験3年以上」と合わせて「実務者研修」の修了」も必須となります。

介護取得後の3つのメリット

「実務者研修」の修了が義務付けられています!介護福祉士国家試験の受験資格が得られます

介護福祉士国家試験のイメージ写真

平成28年度(平成29年1月)の介護福祉士国家試験より、実務経験3年に加えて、「実務者研修」の修了が受験資格として義務付けられています。これから介護福祉士を目指す方は、受講必須の研修講座となっていますのでお早目に受講されることをおすすめいたします。

より深く介護についての知識が身につきます介護施設や病院で中心的役割を担うことができます

特別養護老人ホームのイメージ

特別養護老人ホームやグループホーム、デイサービスなどの介護施設や、病院内での介護職など、超高齢社会の中でますます人材が必要となり、将来は介護福祉士として担い手となります。

活躍の場がぐっと広がります!サービス提供責任者として働けます

サービス提供責任者のイメージ

訪問介護事業所(ヘルパーステーション)での仕事は、利用される方のご自宅に訪問する在宅介護サービスです。身体介護と生活援助に大きく分かれ、サービス提供責任者として活躍できます。

実務者研修修了後はホリスケアアカデミーがあなたの広島での就業をサポートいたします

ハローワークの訓練を受けたホリスケアアカデミーキャリアコンサルタントが、皆さまのキャリアプランを策定、「実務者研修」修了後から広島・福山での就業までサポートいたします。